小沢について」カテゴリーアーカイブ

僕が探偵になった理由

「どうして探偵になろうと思ったの?」

自分が探偵だと知った人間は、決まってこの質問をしてくる。

それなのに、既に何百回と質問されているであろうこの質問に対して、実のところ、未だに自分の中でしっくりくる回答ができていないのだ。
大体はふざけて「気づいたら探偵やってた」とはぐらかしている。

昨今、テレビドラマや小説、漫画にアニメと人気の「探偵」という職業。言葉の知名度や馴染みはあるものの、それ自体を仕事にしている人間は非常に稀有だ。当然の疑問だろうし、そう質問するのも無理はない。

1番最初にこの質問をしてきたのは、僕の恩師である。
それは10年前のあの日、探偵として雇ってもらえるかどうかの面接の時だ。

既にあまり覚えていないが、多分。「困っている人を助けたいからです」とか「普通の人生では味わえない体験がしたいからです」とか「浮気をするような人間に正義の鉄槌を食らわせたいからです」とか言っていたような気がする。確かにその理由も間違ってはいない。

「もうここで私と話している時点で、君は探偵になる運命だったんじゃないですかね?」

彼にそう言われて、僕は探偵になった。

思うに僕の探偵の原体験は小学生時代にある。
当時、興味のある人や、仲良くなりたい人を観察するのが得意だった。その人と話すのはもちろんのこと、その人が一人でいる時にどんな行動をとるかを観察すると、よりどんな人間かがわかってくる。だから気づかれないように、後をつけるのも得意だった。当時はまだ「ストーカー」という言葉がなかったが、どうやら僕は時代の最先端を行く小学生だったようだ。
さっき小学校の卒業アルバムを引っ張り出してみたら、将来なりたいもの「焼きそば」って書いてあって震えた。大丈夫か俺。

今この文章を書いている最中にも、自問自答しているが、やはりまだ明確な答えは出てこない。
ただ、どんなに辛い現場であっても、仕事を辞めたいと思った事はなかった。そういった意味では、もう10年程やっているわけだし 向いているんだとは思う。

お問い合わせ

 

探偵についてのご質問、相談したい事がある方はご連絡ください。
秘密は必ず厳守いたします。