探偵エピソード」カテゴリーアーカイブ

探偵の占い

10年近く前の話だ。僕がまだ新人探偵だった頃。
調査をしていた案件の対象者は、とあるラウンジ嬢であった。依頼者の夫と不倫をしていた。

既に、ラブホテルでの不倫映像の撮影には成功し、勤務先の店舗までも特定できていた。しかし、最後の詰めである、彼女の自宅のマンションの号室の割り出しが どうしてもできなくて悩んでいた。

集合住宅の場合の号室の割り出しは結構重要で、証拠の重要度が増すし、裁判の内容証明を送ったりする際にも必要だ。

尾行によって特定できた彼女の住んでいるマンションは、港区にある某タワーマンションだった。20階建ての大きな建物でセキュリティは万全。一緒に中に入れば不法侵入になってしまうのでコンプライアンス的にアウト。もちろん外から玄関のドアを見ることもできない建物だ。

 

困ったなぁ…

そう悩んでいたところ、当時僕の直属の上司であったMさんがやってきた。彼は関西出身の凄腕の探偵であり、ちょっといい加減だがどこか憎めない人物である。

「小沢君、例のラウンジ嬢の案件、手こずってるみたいやん?」

「そうなんですよ、不貞は撮れて宅割りまでしたんですが、号室ちょっと厳しそうです…」

「俺なら、号室割れるで」

「マジですか!?」

「まかせとき」

そしてなんと、対象者である優子(仮名)の働いてるラウンジに内定調査をすると言いだしたのだ。まさか本人から聞き出すつもりとは、なんて大胆なんだ…

 

Mさんについていき、優子の働いているラウンジに入店し、彼女を指名する。

僕はドキドキしていた。

Mさん・Mさんについた優子・小沢・小沢についた女の子の4人で話を始める。

もちろん探偵という職業は明かさないで、普通のサラリーマンの先輩と後輩で、たまたま通りがかった一見さんという設定だ。

さすがはMさん、女の子を楽しませるしゃべりが上手く、どんどんと2人と打ち解けて和んでいく。僕もトークに自信がないわけではない。負けじと場を盛り上げていく。

優子「Mさんも小沢くんもおもしろ~い、楽しくてもうどっちがお客さんかわからないや(笑)」

よし、ひとまずは良い感じだ。もはや僕たちが探偵だとは夢にも思っていまい。しかしどうやって話題を自宅にもっていって、かつ怪しまれる事無く号室を聞き出すんだ…?

ここでMさんが仕掛けた。

M「そういば俺、占いできるんやで」

女「そうなんだ。生年月日とかで?」

M「ちがうちがう。そんな在り来たりな占いじゃなくてな、俺が独自に編み出した、信ぴょう性の高い特殊な占いや」

優子「え~どんな占いなの?」

 

M「号室占いや」

 

僕は震えた。
なんだこの人は。天才か。笑

女「え~なにそれおもしろい(笑)」

M「これが当たるんや、言ってみ」

女「302号室」

M「あぁ~302号室ね。302号室に住んでる女の子ってのはな・・・・」

適当に言うかと思いきや、先ほどまでの会話の中での彼女の背景や性格を踏まえた上でのコールドリーディング的な内容で、わりとそれっぽい占いになっているではないか。恐るべし号室占い。

女「すご~い!結構当たってるかも」

M「だろ?」

優子「えじゃあ私も占って!私は803号室!」

一瞬だけMさんと僕の目が合った。

勝った…

 

それからは、ひとしきり話をしてから、僕らは店を後にした。

こうして依頼者には、全ての情報と証拠をそろえて調査報告をすることができたのだ。このMさんの必殺「号室占い」は探偵仲間の間でも、いまだに軽い伝説となっている。

とはいえ、占いの最後に「近いうちに、天罰がくだる可能性が高いから要注意やで」というブラックジョークを添えていたあたり、この占いは案外当たっているのかもしれない。

子供の連れ去り

子供の連れ去り

この文字を見ると「頭のおかしな男性の不審者による誘拐犯行」といったイメージを連想する人も多いだろう。しかし昨今の日本社会の裏側で深刻な問題になっている子供の連れ去りとは、なんと片親の独断による実子の連れ去りなのだ。

これはどういう事かというと、親権争いの最中で不利になっている側の親や、離婚をした後に子供との面会ができない側の親や、離婚をしたいが子供とは離れたくない親などが、勝手に子供を連れ去ると、どういう訳か現在の日本の法律では連れ去りが実質的に容認され、むしろ“先に連れ去った者勝ち”の状態になってしまうのである。

この文明社会の日本においてそんな馬鹿な話があるか、と僕も最初は疑った。だが事実なのだ。

何故そんな事態になるかというと、日本では連れ去った側の親が有利な法律しか存在しないせいだ。ほぼ全ての先進国では子供を連れ去ると誘拐や児童虐待で刑事罰が科されるのだが、日本では刑法でも誘拐罪などで摘発できるものの、連れ去りは家庭内の問題とみなされてしまい、事実上はほとんど適用されない。また、継続性の原則(特別な事情が無い限りは子供が育ってきた環境を継続させるべきだという考え方)も相まって、連れ去られてから時間が経てば経つほど既成事実が出来上がって連れ戻しが難しくなってしまうのだ。ここでさらに虚偽のDV被害届まで出されてしまうと、うかつに子供に近づく事も出来なくなる。近年のDV防止法の風潮に後押しされ、警察はDVの被害届が出されると ろくな調査もせずに直ぐに受理する他ない為に質が悪い。勝手に連れ去るのは問題ないが、それを連れ返すと誘拐罪になるのが日本という国なのだ。最近ではガイアックスの社長が、子供を連れ去った妻の実家の住居侵入罪で逮捕されたのが記憶に新しいだろう。日本の法曹界は本当に腐っている、日本の闇の一部である。

 

実をいうと僕は今、子供を連れ去られてしまった旦那さんの 子供の奪還に協力をしている。匿名性を守る上で詳しい話はここには書けないが、旦那さんは子供との会話の内容を、泣きながら僕に話してくれた。その時の彼の顔が忘れられない。

厳しい状況ではあるが、僕も探偵としてのノウハウをフルに活用して、有利な証拠や情報を集めて真っ向から戦う覚悟だ。先日の調査で、光は見えてきた。

探偵の職務質問

職務質問。それは国家権力。

職務質問。それは国民的エンカウント。

おそらく普通の人が経験するであろう、一生分の職務質問を僕は既に受けている。いや、そんなもんじゃない、ゆうに100回は超えている。それは僕の見た目が怪しいとかそういう理由では決してない。そこ、不審者っぽいとか言うな。

張り込みをしていると場合によっては長時間同じ場所にとどまることになる。すると不審に思って警察に通報する人がいる。見慣れない男が数時間も同じ場所に居たら、そりゃ今のご時世そう思うのは至極当然だ。

張り込み現場は「周辺の警戒度」というものが存在する。これは対象者を追っている時に抱かれる探偵に対しての警戒度とは異なり、近隣住民による不審者に対しての警戒度を指す。もうさんざん経験しているせいか、警察に通報されたであろう瞬間というのは、なんとなくわかる。

 

警察「こんばんわー」

小沢「こんばんわ」(挨拶しながら免許証を差し出す)

警察「あ、もしかしてお仕事?」

小沢「そうなんですよ。やっぱ通報入っちゃいましたかね?」

警察「うん。だってお兄さんもう4時間くらいずっといるでしょ?」

小沢「ええ。ちょっと手こずってまして…」

警察「どこの宅を張ってんの?」

小沢「それは言えませんね」

警察「だよね」

小沢「どこの家から通報入りましたか?」

警察「それは言えないね」

小沢「ですよね」

警察「まぁ、上手いこと言っておくよ、あんま目立たないようにね」

小沢「はーい、ありがとうございます」

 

優しい警察の方だと大体はこんな感じのやり取りだ。エリアにもよるが警察の知り合いも結構増えた。「小沢くん、また君か」という様な、名探偵コナンや金田一少年の事件簿でよく警察の人間が言う様な台詞を実際に言われることもしばしばあるのだ。

とはいえ、探偵にとっては通報されるのはあまり喜ばしい事ではない。警察官の人間性にもよるが、やり取りをしている時はかなり目立ってしまうし、場合によっては移動を余儀なくされ、張り込み場所が潰されることもあるからだ。その為、通報はできるだけ避けなければならない。

小沢独自の通報防止テクニックは色々あるのだが、一番得意としているのは【ミーちゃんファインダー】である。やり方は簡単、まずは挨拶だ。張り込み現場周辺が民家であればピンポンを押すし、家の出入りで人を見かければ躊躇なく声をかける。そして名刺を渡すのだ。もちろん本物の探偵の名刺ではない、偽の名刺だ。そこにはこう書かれてある。

 

大手ペットショップ特約店 ペット探し本舗

 

そう、僕はペットを探してる業者なのだ。そして写真を見せながら「この猫を見かけませんでしたか?」と聞く。見かけるはずがない、だって長野の祖母の家の猫だし。それでまたこいつが可愛いんだわ。(ミーちゃん)

こういったテクニックを使って、安全な張り込み環境を確保するのも探偵の腕の見せ所なのである。意外と近所のおばあちゃんとかとも仲良くなったりできるからおすすめだ。

 

しかしよくよく考えてみると探偵になる以前も、僕は職務質問を受ける事が多かった。

道端を歩いていて、警官を見かけたら、目が合った瞬間に一瞬だけ「あ!やべ!」的な表情をして、さりげなくUターンをしながら軽く逃げようとすると、わりと高確率で「ちょっと君」と呼び止められて職務質問をされる。でも別に何もないわけで、その警官をニヤリと嘲笑いながら立ち去るという高尚な遊びを行っていたせいだ。ってかこの話書く必要あったか?