探偵の占い

10年近く前の話だ。僕がまだ新人探偵だった頃。
調査をしていた案件の対象者は、とあるラウンジ嬢であった。依頼者の夫と不倫をしていた。

既に、ラブホテルでの不倫映像の撮影には成功し、勤務先の店舗までも特定できていた。しかし、最後の詰めである、彼女の自宅のマンションの号室の割り出しが どうしてもできなくて悩んでいた。

集合住宅の場合の号室の割り出しは結構重要で、証拠の重要度が増すし、裁判の内容証明を送ったりする際にも必要だ。

尾行によって特定できた彼女の住んでいるマンションは、港区にある某タワーマンションだった。20階建ての大きな建物でセキュリティは万全。一緒に中に入れば不法侵入になってしまうのでコンプライアンス的にアウト。もちろん外から玄関のドアを見ることもできない建物だ。

 

困ったなぁ…

そう悩んでいたところ、当時僕の直属の上司であったMさんがやってきた。彼は関西出身の凄腕の探偵であり、ちょっといい加減だがどこか憎めない人物である。

「小沢君、例のラウンジ嬢の案件、手こずってるみたいやん?」

「そうなんですよ、不貞は撮れて宅割りまでしたんですが、号室ちょっと厳しそうです…」

「俺なら、号室割れるで」

「マジですか!?」

「まかせとき」

そしてなんと、対象者である優子(仮名)の働いてるラウンジに内定調査をすると言いだしたのだ。まさか本人から聞き出すつもりとは、なんて大胆なんだ…

 

Mさんについていき、優子の働いているラウンジに入店し、彼女を指名する。

僕はドキドキしていた。

Mさん・Mさんについた優子・小沢・小沢についた女の子の4人で話を始める。

もちろん探偵という職業は明かさないで、普通のサラリーマンの先輩と後輩で、たまたま通りがかった一見さんという設定だ。

さすがはMさん、女の子を楽しませるしゃべりが上手く、どんどんと2人と打ち解けて和んでいく。僕もトークに自信がないわけではない。負けじと場を盛り上げていく。

優子「Mさんも小沢くんもおもしろ~い、楽しくてもうどっちがお客さんかわからないや(笑)」

よし、ひとまずは良い感じだ。もはや僕たちが探偵だとは夢にも思っていまい。しかしどうやって話題を自宅にもっていって、かつ怪しまれる事無く号室を聞き出すんだ…?

ここでMさんが仕掛けた。

M「そういば俺、占いできるんやで」

女「そうなんだ。生年月日とかで?」

M「ちがうちがう。そんな在り来たりな占いじゃなくてな、俺が独自に編み出した、信ぴょう性の高い特殊な占いや」

優子「え~どんな占いなの?」

 

M「号室占いや」

 

僕は震えた。
なんだこの人は。天才か。笑

女「え~なにそれおもしろい(笑)」

M「これが当たるんや、言ってみ」

女「302号室」

M「あぁ~302号室ね。302号室に住んでる女の子ってのはな・・・・」

適当に言うかと思いきや、先ほどまでの会話の中での彼女の背景や性格を踏まえた上でのコールドリーディング的な内容で、わりとそれっぽい占いになっているではないか。恐るべし号室占い。

女「すご~い!結構当たってるかも」

M「だろ?」

優子「えじゃあ私も占って!私は803号室!」

一瞬だけMさんと僕の目が合った。

勝った…

 

それからは、ひとしきり話をしてから、僕らは店を後にした。

こうして依頼者には、全ての情報と証拠をそろえて調査報告をすることができたのだ。このMさんの必殺「号室占い」は探偵仲間の間でも、いまだに軽い伝説となっている。

とはいえ、占いの最後に「近いうちに、天罰がくだる可能性が高いから要注意やで」というブラックジョークを添えていたあたり、この占いは案外当たっているのかもしれない。