探偵知識」カテゴリーアーカイブ

探偵のタクシーガチャ

探偵として調査をしていると、つくづく実感するのだが、調査の現場には運の要素が必ずついてまわる。ほんの少しの偶然とタイミングで、調査が成功するか否かが決定してしまうことがあったりするのだ。もちろん探偵側もあらゆる事態を想定したり、経験則から運の要素を極力排除して、調査を確実なものにしていく努力はするのだが、実際にはどうにもならない要素も存在する。

その要素のひとつに「タクシー」がある。

尾行中の対象者がタクシーに乗ったり、急な車両(主に浮気相手の車両)が登場したりすると、こちらもタクシーを使用せざるを得ない。そんな時に限って後続のタクシーがなかなか捕まらなかったりする。まぁこればっかりはもう運だ。

そして何よりタクシーの運ちゃん、これがマジで運ゲー。いわゆる「タクシーガチャ」と言われるものだ。ガチャで引いた運ちゃんのランク次第で、追えるか追えないかが決まってくるのだ。ちなみにリセマラはできない。

まずタクシー尾行は、乗車してから発進するまでの初動がマジで大事だ。誇張抜きで本当に数秒単位の勝負になってくる。この難しさは実際にやってみたことのある人しかわからないだろう。

急いでタクシーに乗車するや否や、海外ドラマの主人公ばりに「あの前の車両を追ってくれ!」とビシッと指さしながら叫ぶと、たいていの運ちゃんは「はぁ?何言ってんだコイツ?」って顔で見てきます。こっちがこの台詞をカッコよく言う為に練習したのも知らずに。

「あ、ですから、すみません前の車両について行ってください」とか言い直しても、「え?え?え?どの車両をですか?」とまごつきだす。「前の車両はお連れ様ですか?」とかもよく聞いてくるから「違います」と答えると、さらに「はぁ?」みたいな顔をしてくる。ですよね。うん。それが普通の反応ですもんね。仕方ないと思います。
しかし無常にもそのやり取りの間に、対象者の乗った車両はもうほとんど見えない所まで走っていってしまうのである。ガッデム。

さて初動をなんとかクリアしても、運ちゃんとの攻防はさらに続く。「実は僕、探偵やってまして、奥さんからの浮気調査の依頼で前の車両を追っているんですよ。見失わない様に、かつ後ろをつけているのをバレない様に走ってください」と説明しなければならない。

「いやいやそういうの困るんですよねぇ~…」とかいうやる気の無い運ちゃんはハズレ。赤信号をギリギリで行かれてしまって見失ってしまうのが関の山だ。

だが中には「フフフフ…お客さん…タクシードライバー歴20年…ずっとこういうシチュエーションを待ってたんですよぉ!任せてくださいぃ!」とか激アツな人がいたりする。こういうレア運ちゃんを引いた時はラッキーだ。程よく車間距離を空けてくれたり、信号付近でも結構頑張ってくれる。そんな運ちゃんの時はこちらもテンションが上がってしまい、つい別働してる仲間に「こちら小沢、現場が動いていたので連絡できなくてすまなかった…あぁ、なんとか優秀なタクシーを拾えたので無事にターゲットは追えている。そっちは首尾はどうだ?合流できそうか?」とかイキって電話したりしなかったり。

1番すごかった運ちゃんは今でも忘れない。事情を説明すると、「はい…」とだけ返事したかと思うと、マジで絶妙なタイミングで車線変更や右左折してくれたり、対象者の車両との間にわざと別の車両を何台か挟みながら追尾したり、交通事情で分断されて対象者の車両を見失ったとしても「この方向だったら…」とかつぶやきながら地元の人しか知らない様な ほっそい道をびゅんびゅん走り抜けて近道をして追いついたりしてた。いわゆる「神タクシー」だ。無事に対象車両の尾行が成功した後、こやつはただ者ではないと思いながらお礼とともに「お主、何者じゃ?」的なことを伺うと、静かにこう言った。

「…あぁ。前にお兄さんと似たような仕事をしてたんですよ。ゴシップを追ってるパパラッチでしたけどね。こちらこそありがとうございます…おかげで昔の血が騒いじゃいましたよ…(暗黒微笑)」

にゃ~~ん 抱いて///

探偵は嘘をつく

誰しも「嘘つきの羊飼いの少年」という寓話を聞いた事があるだろう。

ある少年が羊の群れの番をしていて退屈になり、村人に向かって叫んだ「狼が襲ってきたぞ」。みんな助けに来たが、もちろん狼はいない。少年は「狼は逃げた」と言い、村人は彼の機転を褒めた。次の日も、その次の日も彼は嘘をついた。しかし四日目に本当に狼が来た。少年は必死に助けを呼んだが、村人達は無視した。少年も羊の群れも 食べられてしまった。

この物語の教訓は【いつも嘘ばかりついてると、本当の事を言っても、誰も信じてくれなくなる】という教訓を示した寓話であると一般的には受け取られている。しかし僕から言わせればこの物語の教訓はこうだ。

 

同じ嘘を二回つくな

 

探偵は嘘をつくプロとも言える。あなたは【嘘】というものについて果たしてどれだけ考えた事があるだろうか?探偵スキルのみならず、現代社会を生き抜く上で重要なのが「嘘をつく能力」である。ここでは嘘の素晴らしさを、僕は伝えたい。なんせ世の中は 嘘でいっぱいだ。

悲しいかな、現代日本の教育シーンにおいては一般的に「嘘をつくのは悪いことだ」という教育が行われている。にも関わらず、嘘をついた事のない人間など存在しないのは実に皮肉である。物心のついた子供は、さも当然の様に学校や家庭で嘘のつき方をどんどん学んでいくのだ。あなただって最初は下手な嘘しかつけなかったはずである、しかしそれが今ではどうでしょう、立派に嘘をつける大人になっているではありませんか!

―それはなぜか?

人とのコミュニケーションにおいて、嘘は必要不可欠なものだからだ。

異論はもちろん認める。だが道徳やモラルの観点はさておき、嘘の要素を完全に排除してしまうと、人間関係というのは かえってぎこちないものになってしまうのである。

 

そもそも人が嘘をつく時には 何かしらの理由が存在する。極論を言えば、自分の目的達成に向けて他者を誘導するために人は嘘をつく。もちろん無自覚に嘘をついている人も多いが、嘘の本質は「誘導」だ。嘘をつくのが上手いという事は、誘導力があるという事なのだ。

人間関係を円滑にする白い嘘(white lie)と呼ばれるものがある。例えば『お世辞』。本心では思ってもいない事を発言するわけだから、嘘をついていると言えるだろう。嘘も追従も世渡りだ。あとは『誇張』や『大げさな表現』『オーバーリアクション』も、一種の嘘のエッセンスが含まれている。「相手をいい気持ちにさせたい」「話を盛り上げたい」、そして「相手との関係性を良くしたい」という意図がある時に、人は少なからずの嘘を並べているのかもしれない。

また、聞き手が聞いた瞬間に、本当の事ではないと判ること —明らかな嘘— を聞かせて、それが嘘だという共通認識を確認し合って楽しむことがある。一緒に笑うため、すなわち『ユーモアとしての嘘』だ。欧米人がこの手のジョークを多用するのは周知の事実だが、ナンパ師もよく使うテクニックである。とどのつまり、嘘(ユーモア)が無い人間との会話は概して退屈なものになってしまうのである。

これは少し拡大した解釈にもなるが、『頭の中で思っている事を言わないでいる』のだって嘘と捉えることもできるのではないだろうか。「本音と建て前」という言葉が存在するように、人は社会生活において本音と建て前を使い分ける。多かれ少なかれ、人間というのは「真実と嘘」という二面性を常にはらんだ状態でコミュニケーションを行うのだ。嘘つきは泥棒のはじまりではなく、社会生活のはじまりだ。

セックスだって、男女の織り成す演技にまみれた嘘と虚構なのかもしれない。これはなんかカッコつけて言ってみたかっただけで深い意味はまるで無い、ごめん。

小説やドラマ、ゲームにアニメや漫画だって実際には存在しない架空のものであり、フィクション(嘘の物語)だ。紀元前からの演劇をはじめ、古より人間の娯楽においてフィクションが必要不可欠であったことは言うまでもないだろう。なかでもSF(Science Fiction)の中には創造上のテクノロジーだったものが、いつしか現実のものになっていたりするのだから感慨深い。嘘から出た実である。

 

ところで、僕は探偵として今まで数多くの不倫の現場を目撃してきた。そして依頼者に対して不倫の報告をしてきた。信頼を裏切られ、絶望して、涙を流して崩れ落ちる人を目の当たりにしてきた。

そこでみなさんにオススメの嘘がある。
そう、『相手の為の嘘』だ。

この『相手の為の嘘』を上手につけるようになれたら、人を傷つけにくくなる。大切な人を守る事ができる。だからこそ、嘘をつく技術を磨け。その嘘をつき通せ。後ろめたさや罪悪感をおくびにも出さずに嘘をつけ。嘘をつくのが罪ではない、それを嘘だと感づかれる事こそが罪だ。パートナーを傷つけるな、墓場まで持っていけ。僕から言わせれば、探偵に浮気調査を依頼されている時点で、既に二流だ。

 

さてここまで嘘の必要性について語ってきたが、絶対についてはいけない嘘もある。それは『自分に対しての嘘』だ。嘘をつくことが上手くなってくると、自分に対しても嘘をつくのがだんだん上手くなってくる。だが、自分の信念や気持ちに対しては決して嘘をついて(裏切って)はいけない。自分を騙してはいけないのだ。自分を信じることができなくなると、自分という人間を乗りこなせなくなってしまう。

僕はかつて、嘘の技術を磨き続けるあまり、自分すらも無自覚に騙すことに成功していた。嘘をつく事による誘導は非常に強力だが、その反面リスキーでもある。失った自分への信頼を取り戻すのには、とても長い時間がかかった。

 

っていうか、大学の履修の必修科目に「嘘のつき方」を追加すべきだと思う。あとは「ミスチル」と「スマブラ」と「SNS映えするカフェで異性の存在をほのめかす写真の撮り方」も追加してくれ。そしたら僕もフル単とれたはずだ。

 

探偵は嘘をつくプロとも言える。あなたは【嘘】というものについて果たしてどれだけ考えた事があるだろうか?この文章やブログも、まやかしなのかもしれない。

探偵のテクニック~葉っぱ~

「葉っぱを仕掛ける」という探偵のテクニックがある。探偵業界でこの言葉が意味するのは、 鉱山や工事現場などで爆薬を使って爆破をすることでもなく、人に働きかけて意欲を持たせたり奮起させることでもない。 文字どおり葉っぱを仕掛けることである。(そのまんまかよ)

これは、玄関のドアの隙間に葉っぱを差し込むことによって、ドアの開閉による落下の跡を見て、対象者の自宅の出入りの有無を確認する技だ。 アレです、デスノートの夜神月がやってたアレです。部屋を出る時にシャープペンの芯をドアに挟んでおいて、帰宅した時に芯が落ちていたら、留守中に部屋に誰かが入ったことが分かる的なやつです。

「葉っぱ」とは呼んでいるものの、玄関周辺に落ちていても不自然でない様な、怪しまれないものを選んで仕掛けます。場所によってはゴミとか紙屑でもオッケー。外だとシャープペンの芯は使えませんよライト君。

基本的に探偵が、玄関ドア付近をずっと直視で監視し続けるのは、物理的に難しいケースが多い為、この識別方法は非常に汎用性が高い技だったりする。もちろんコンプライアンスは遵守した上で。

例えば、夜に対象者が帰宅後、調査を一旦打ち切って翌朝自宅から再開する場合など、仕掛けた葉っぱを確認してそれがそのままであれば、朝までドアの開閉、つまり人の出入りが無かった為、対象者はまだ自宅に居ると判断することができる。 また、マンションのメインゲートから出て来た対象者とおぼしき人物をキャッチ(補足)できたとしても、探偵が初見で、その人物が本当に対象者で合っているのかどうか自信が持てない時などに、玄関ドアの葉っぱを確認し、落ちていたらその人物は対象者である可能性が高いという判断材料にもなる。

仕掛けるのも、これがなかなか難しくて、目立たないように小さい葉っぱをこっそりとドアに挟んでおくのだけれど、ドアの開閉がないのに風などで落ちてしまってもダメだし。逆にドアの開閉があったのに葉っぱが落ちなくてもダメ。慣れてないと調整が難しい。

 

実際はもうちょっと目立たたない様に仕掛けるけどこんな感じ。


これが…


こうなってたら出入りがあったことが分かる。

 

そして何より、いつ対象者が帰ってくるかわからない時や、自宅内に対象者が居る時に仕掛ける葉っぱはマジでスリルショックサスペンスです。足音を殺し、人の視界に入らない様に慎重に移動します。メタルギアソリッドで鍛えたステルス技術の全てを活用しましょう。 僕は実際に経験があるんだけど、ドアに葉っぱを挟もうとした瞬間にドアが「ガチャ」って開き始めた時の絶望感は半端じゃない。笑

そういう時は、たまたまドアの前で落とし物をして屈んでいた人を装ってピンチを凌ぐのが無難だけど、そこに居ること自体がヤバそうな状況では、完全にあたまイッちゃってる人に成りきるのが有効。ちなみに小沢はそういう時には、小さくジャンプを繰り返しながらポケモンの曲(ひゃくごじゅういち)を楽しそうに一人で元気に歌います。最高に気持ち悪い行動ですが、逆に「こいつマジでヤバい奴だ」と怖がられてしまえば、対象者も声をかけてこないんです。ただし非常に上級者向けです。まぁ〔探偵であること〕がバレなければ最悪大丈夫なんですよ、人としては完全にアウトですが。おかあさんごめん。