探偵エピソード」カテゴリーアーカイブ

探偵のタクシーガチャ

探偵として調査をしていると つくづく実感するのだが、調査の現場には運の要素が必ずついてまわる。ほんの少しの偶然とタイミングで、調査が成功するか否かが決定してしまうことがあるのだ。もちろん探偵側もあらゆる事態を想定したり、経験則から運の要素を極力排除して、調査を確実なものにしていく努力はするのだが、実際にはどうにもならない要素も存在する。

その要素のひとつに「タクシー」がある。

尾行中の対象者がタクシーに乗ったり、急な車両(主に浮気相手の車両)が登場したりすると、こちらもタクシーを使用せざるを得ない。そんな時に限って後続のタクシーがなかなか捕まらなかったりする。まぁこればっかりはもう運だ。

そして何よりタクシーの運ちゃん、これがマジで運ゲー。いわゆる「タクシーガチャ」と言われるものだ。ガチャで引いた運ちゃんのランク次第で、追えるか追えないかが決まってくる。ちなみにリセマラはできない。

タクシー尾行は、乗車してから発進するまでの初動がマジで大事だ。誇張抜きで本当に数秒単位の勝負になってくる。この難しさは実際にやってみたことのある人しかわからないだろう。

急いでタクシーに乗車するや否や、海外ドラマの主人公ばりに「あの前の車両を追ってくれ!」とビシッと指さしながら叫ぶと、たいていの運ちゃんは「はぁ?何言ってんだコイツ?」って顔で見てきます。こっちがこの台詞をカッコよく言う為に練習したのも知らずに。

「あ、ですから、すみません前の車両について行ってください」とか言い直しても、「え?え?え?どの車両をですか?」とまごつきだす。「前の車両はお連れ様ですか?」とかもよく聞いてくるから「違います」と答えると、さらに「はぁ?」みたいな顔をしてくる。ですよね。うん。それが普通の反応ですもんね。仕方ないと思います。
しかし無常にもそのやり取りの間に、対象者の乗った車両はもうほとんど見えない所まで走っていってしまうのである。ガッデム。

さて初動をなんとかクリアしても、運ちゃんとの攻防はさらに続く。「実は僕、探偵やってまして、奥さんからの浮気調査の依頼で前の車両を追っているんですよ。見失わない様に、かつ後ろをつけているのをバレない様に走ってください」と説明しなければならない。

「いやいやそういうの困るんですよねぇ~…」とかいうやる気の無い運ちゃんはハズレ。赤信号をギリギリで行かれてしまって見失ってしまうのが関の山だ。

だが中には「フフフフ…お客さん…タクシードライバー歴20年…ずっとこういうシチュエーションを待ってたんですよぉ!任せてくださいぃ!」とか激アツな人がいたりもする。こういうレア運ちゃんを引いた時はラッキーだ。程よく車間距離を空けてくれたり、信号付近でも結構頑張ってくれる。そんな運ちゃんの時はこちらもテンションが上がってしまい、つい別働してる仲間に「こちら小沢、現場が動いていたので連絡できなくてすまなかった…あぁ、なんとか優秀なタクシーを拾えたので無事にターゲットは追えている。そっちの首尾はどうだ?合流できそうか?」とかイキった電話をしたりしなかったり。

あとそうだ、1番すごかった運ちゃんは今でも忘れない。事情を説明すると、「はい…」とだけ返事したかと思うと、マジで絶妙なタイミングで車線変更や右左折してくれたり、対象者の車両との間にわざと別の車両を何台か挟みながら追尾したり、交通事情で分断されて対象者の車両を見失ったとしても「この方向だったら…」とかつぶやきながら地元の人しか知らない様な ほっそい道をびゅんびゅん走り抜けて近道をして追いついたりしてた。ぶっちゃけ僕の車両尾行よりも上手かった。いわゆる「神タクシー」だ。無事に対象車両の尾行が成功した後、こやつはただ者ではないと思いながらお礼とともに「お主、何者じゃ?」的なことを伺うと、静かにこう言った。

 

「…あぁ、前にお兄さんと似たような仕事をしてたんですよ。ゴシップを追うパパラッチでしたけどね。こちらこそありがとうございます…ちょっとだけ昔の血が騒いじゃいましたよ……(暗黒微笑)」

 

にゃ~~ん 抱いて///

探偵の占い

10年近く前の話だ。僕がまだ新人探偵だった頃。
調査をしていた案件の対象者は、とあるラウンジ(キャバ)嬢であった。
依頼者である奥さんの旦那と不倫をしていた。

既に、ラブホテルでの不倫映像の撮影には成功し、彼女の勤務先の店舗までも特定できていた。しかし最後の詰めであるところの、彼女の自宅のマンションの号室の割り出しが どうしてもできなくて悩んでいた。

集合住宅の場合の号室の特定は結構重要で、証拠としての信憑性が増すし、裁判で内容証明郵便を送る際にも必要になる。

尾行によって特定できた彼女の住んでいるマンションは、港区にある某タワーマンションだった。20階建ての大きな建物でセキュリティは万全。一緒に中に入れば不法侵入になってしまうのでコンプライアンス的にアウト。もちろん外から玄関のドアを見ることもできない。何号室に住んでいるかの割り出しは困難を極めた。

 

困ったなぁ…

 

事務所で悩んでいたところ、先輩のMさんがやってきた。彼は関西出身の凄腕の探偵であり、ちょっといい加減だがどこか憎めない人物である。

「小沢君、例のラウンジ嬢の案件、手こずってるみたいやん?」

「そうなんですよ、不貞は撮れて宅割りまでしたんですが、号室ちょっと厳しそうです…」

「俺なら、号室割れるで」

「え、マジですか!?」

「まかせとき」

そしてなんと、対象者である優子(仮名)の働いてるラウンジに内定調査をすると言いだしたのだ。まさか本人から直接聞き出すつもりとは、なんて大胆なんだ…!

 

その日の夜、先輩についていき、優子の働いているラウンジに入店した。

先輩は優子を指名。

僕はドキドキしていた。

 

先輩 / 先輩についた優子 / 小沢 / 小沢についた女子 の4人で話を始めた。

もちろん探偵という職業は明かさずに、普通のサラリーマンの先輩と後輩で、たまたま通りがかった一見さんという設定だ。

さすがは先輩、女の子を楽しませるしゃべりが上手く、どんどん2人と打ち解けて和んでいく。僕もトークに自信がないわけではない、負けじと場を盛り上げる。

優子「Mさんも小沢くんもおもしろ~い、楽しくてもうどっちがお客さんだか分からないや(笑)」

よし、ひとまずは良い感じだ。もはや僕たちが探偵だとは夢にも思っていまい。しかしどうやって話題を自宅にもっていって、かつ怪しまれる事無く号室を聞き出すんだ…?

 

ここで先輩が仕掛けた。

先輩「そういば俺、占いできるんや」

女子「そうなんだ。生年月日とかで?手相とかで?」

先輩「ちがうちがう。そんな在り来たりな占いじゃなくてな、俺が独自に編み出した、めちゃくちゃ的中率の高い特殊な占いや」

優子「え~どんな占いなの??」

 

     

 

 

 

先輩「号室占いや」

  

   

         

僕は震えた なんだこの人は 天才か。笑

女子「え~なにそれおもしろい(笑)」

先輩「でもこれが当たるんや、試しに言ってみ?」

女子「あたし302号室だけど」

先輩「あぁ~302号室ね、はいはい…302号室に住んでる女の子ってのはな…」

適当なことを言うかと思いきや、先程までの会話の中での彼女の性格や情報を踏まえた上での ホットリーディングを用いた内容で、わりとそれっぽい占いになっているではないか。恐るべし号室占い…!

女子「すご~い!結構当たってるかも!」

先輩「せやろ?」

優子「えじゃあ私も占って!私は803号室!」

一瞬だけ先輩と僕の目が合った。

勝った…

        

      

それからは、ひとしきり話をしてから、僕らは店を後にした。

こうして依頼者には、全ての情報と証拠をそろえて調査報告をすることができたのだ。このMさんの必殺「号室占い」は探偵仲間の間でも、いまだに軽い伝説となっている。

とはいえ、占いの最後に『近いうちに、自分のした事に対しての天罰がくだる可能性が高いから要注意やで』というブラックユーモアを添えていたあたり、この占いは案外当たっているのかもしれない。

子供の連れ去り

子供の連れ去り

この文字を見ると「頭のおかしな男性の不審者による誘拐犯行」といったイメージを連想する人も多いだろう。しかし昨今の日本社会の裏側で深刻な問題になっている子供の連れ去りとは、なんと片親の独断による実子の連れ去りなのだ。

これはどういう事かというと、親権争いの最中で不利になっている側の親や、離婚をした後に子供との面会ができない側の親や、離婚をしたいが子供とは離れたくない親などが、勝手に子供を連れ去ると、どういう訳か現在の日本の法律では連れ去りが実質的に容認され、むしろ“先に連れ去った者勝ち”の状態になってしまうのである。

この文明社会の日本においてそんな馬鹿な話があるか、と僕も最初は疑った。だが事実なのだ。

何故そんな事態になるかというと、日本では連れ去った側の親が有利な法律しか存在しないせいだ。ほぼ全ての先進国では子供を連れ去ると誘拐や児童虐待で刑事罰が科されるのだが、日本では刑法でも誘拐罪などで摘発できるものの、連れ去りは家庭内の問題とみなされてしまい、事実上はほとんど適用されない。また、継続性の原則(特別な事情が無い限りは子供が育ってきた環境を継続させるべきだという考え方)も相まって、連れ去られてから時間が経てば経つほど既成事実が出来上がって連れ戻しが難しくなってしまうのだ。ここでさらに虚偽のDV被害届まで出されてしまうと、うかつに子供に近づく事も出来なくなる。近年のDV防止法の風潮に後押しされ、警察はDVの被害届が出されると ろくな調査もせずに直ぐに受理する他ない為に質が悪い。勝手に連れ去るのは問題ないが、それを連れ返すと誘拐罪になるのが日本という国なのだ。最近ではガイアックスの社長が、子供を連れ去った妻の実家の住居侵入罪で逮捕されたのが記憶に新しいだろう。日本の法曹界は本当に腐っている、日本の闇の一部である。

 

実をいうと僕は今、子供を連れ去られてしまった旦那さんの 子供の奪還に協力をしている。匿名性を守る上で詳しい話はここには書けないが、旦那さんは子供との会話の内容を、泣きながら僕に話してくれた。その時の彼の顔が忘れられない。

厳しい状況ではあるが、僕も探偵としてのノウハウをフルに活用して、有利な証拠や情報を集めて真っ向から戦う覚悟だ。先日の調査で、光は見えてきた。