探偵の占い

10年近く前の話だ。僕がまだ新人探偵だった頃。
調査をしていた案件の対象者は、とあるラウンジ(キャバ)嬢であった。
依頼者である奥さんの旦那と不倫をしていた。

既に、ラブホテルでの不倫映像の撮影には成功し、彼女の勤務先の店舗までも特定できていた。しかし最後の詰めであるところの、彼女の自宅のマンションの号室の割り出しが どうしてもできなくて悩んでいた。

集合住宅の場合の号室の特定は結構重要で、証拠としての信憑性が増すし、裁判で内容証明郵便を送る際にも必要になる。

尾行によって特定できた彼女の住んでいるマンションは、港区にある某タワーマンションだった。20階建ての大きな建物でセキュリティは万全。一緒に中に入れば不法侵入になってしまうのでコンプライアンス的にアウト。もちろん外から玄関のドアを見ることもできない。何号室に住んでいるかの割り出しは困難を極めた。

 

困ったなぁ…

 

事務所で悩んでいたところ、先輩のMさんがやってきた。彼は関西出身の凄腕の探偵であり、ちょっといい加減だがどこか憎めない人物である。

「小沢君、例のラウンジ嬢の案件、手こずってるみたいやん?」

「そうなんですよ、不貞は撮れて宅割りまでしたんですが、号室ちょっと厳しそうです…」

「俺なら、号室割れるで」

「え、マジですか!?」

「まかせとき」

そしてなんと、対象者である優子(仮名)の働いてるラウンジに内定調査をすると言いだしたのだ。まさか本人から直接聞き出すつもりとは、なんて大胆なんだ…!

 

その日の夜、先輩についていき、優子の働いているラウンジに入店した。

先輩は優子を指名。

僕はドキドキしていた。

 

先輩 / 先輩についた優子 / 小沢 / 小沢についた女子 の4人で話を始めた。

もちろん探偵という職業は明かさずに、普通のサラリーマンの先輩と後輩で、たまたま通りがかった一見さんという設定だ。

さすがは先輩、女の子を楽しませるしゃべりが上手く、どんどん2人と打ち解けて和んでいく。僕もトークに自信がないわけではない、負けじと場を盛り上げる。

優子「Mさんも小沢くんもおもしろ~い、楽しくてもうどっちがお客さんだか分からないや(笑)」

よし、ひとまずは良い感じだ。もはや僕たちが探偵だとは夢にも思っていまい。しかしどうやって話題を自宅にもっていって、かつ怪しまれる事無く号室を聞き出すんだ…?

 

ここで先輩が仕掛けた。

先輩「そういば俺、占いできるんや」

女子「そうなんだ。生年月日とかで?手相とかで?」

先輩「ちがうちがう。そんな在り来たりな占いじゃなくてな、俺が独自に編み出した、めちゃくちゃ的中率の高い特殊な占いや」

優子「え~どんな占いなの??」

 

     

 

 

 

先輩「号室占いや」

  

   

         

僕は震えた なんだこの人は 天才か。笑

女子「え~なにそれおもしろい(笑)」

先輩「でもこれが当たるんや、試しに言ってみ?」

女子「あたし302号室だけど」

先輩「あぁ~302号室ね、はいはい…302号室に住んでる女の子ってのはな…」

適当なことを言うかと思いきや、先程までの会話の中での彼女の性格や情報を踏まえた上での ホットリーディングを用いた内容で、わりとそれっぽい占いになっているではないか。恐るべし号室占い…!

女子「すご~い!結構当たってるかも!」

先輩「せやろ?」

優子「えじゃあ私も占って!私は803号室!」

一瞬だけ先輩と僕の目が合った。

勝った…

        

      

それからは、ひとしきり話をしてから、僕らは店を後にした。

こうして依頼者には、全ての情報と証拠をそろえて調査報告をすることができたのだ。このMさんの必殺「号室占い」は探偵仲間の間でも、いまだに軽い伝説となっている。

とはいえ、占いの最後に『近いうちに、自分のした事に対しての天罰がくだる可能性が高いから要注意やで』というブラックユーモアを添えていたあたり、この占いは案外当たっているのかもしれない。

忌まわしき夫婦

探偵をしていると
おかしな偶然に遭遇することがある。

これは僕がまだ大手探偵社にいた頃の話だ。

ある日、とある女性の依頼者が事務所にやって来た。旦那さんの不倫調査という、何の変哲もない依頼だった。

仮にこの依頼者さんの名前を「吉田」さんとしよう。吉田さんは不倫の証拠を手に入れて、旦那さんを有責配偶者にして有利な離婚がしたいとの事。そしてこの吉田さん、なんと自分自身にも愛人がいるらしく、旦那さんと離婚をしてから愛人と再婚がしたいそうな。いやはや、なんともたくましい方である。合理主義の依頼者さんだと話が早い、その日の内に調査契約となった。

 

———数日後

とある男性の依頼者が事務所にやって来た。奥さんの不倫調査という、何の変哲もない依頼だった。

不倫の証拠を手に入れて、奥さんを有責配偶者にして有利な離婚がしたいとの事。そして彼もまた自分自身にも愛人がいるらしく、奥さんと離婚をしてから愛人と再婚がしたいそうな。いやはや、こんな依頼ばかりで全く世も末である。その日の内に調査契約となり、調査利用目的確認書に必要事項の記入をしてもらう。ちなみに調査利用目的確認書には「住所」と「名前」を署名をしてもらう必要がある。

   

   

…ん?この住所…?

まさか名前は‥??

 

 

   

 

  

   

「吉田」 !!!!!

  

   

  

    

こともあろうにこの吉田夫妻、なんとそれぞれがうちの探偵社へ依頼をしにきてしまったのだ!

まさに運命のいたずらである。

僕の横にいるカウンセラーも顔色が変わった。この事態に気付いたのだろう。目線を合せ、お互いに小さく頷いた。

そう。探偵には守秘義務があるのだ。夫婦といえど別々の契約の為、その旨を明かす訳にはいかないのである。

全力で平静を装い、契約は無事に終わった。

 

この「吉田様」案件は、当時の探偵社内でも非常に波紋を呼んだ。調査時期も被っていたし、担当する相談員や調査員の間でも情報管理が徹底された。業界最大手の探偵社とはいえ、双方が依頼者でもあり調査対象者でもあるという事態は前代未聞であった。

しかしながら調査自体は非常にスムーズだった。なんせこちらはそれぞれの相手の情報・手の内を知っているわけだから、当然である。無事に双方の不倫の証拠を撮るとこができた。そして最後まで守秘義務を守った上で、調査報告まで完了したのである。

各々、笑顔で証拠を持ち帰った吉田夫妻
各々、証拠をどのタイミングで使用するかは知らないが、最終的には双方が血みどろになるのだろう。

探偵小沢からのご挨拶

自己紹介をしておこうと思う。

小沢といいます。
僕は探偵という仕事をしている。

都内の某有名私立大学を卒業したのに、こともあろうに新卒で探偵の仕事に就いた変わり者だ。尾行・ナンパ・ゲーム実況が得意。 探偵歴は10年程、手がけた案件は700件を越える。

ただ、人里離れた雪山のペンションで密室殺人事件にでくわして電話線とか切られたことはないし、ベイカー街にも住んでいないし、麻酔を仕込んだ腕時計もしていないし、祖父の名に懸けての発言をしたこともない。

だけど、そういったフィクションよりもよっぽど、人間が持つ闇の部分というか、生々しい瞬間というものを、自分自身のこの眼で見てきた。

「事実は小説よりも奇なり」である。

このブログでは、世間ではまだまだ認知度の低い「探偵」について発信していこうと思う。探偵に対して「怪しい」というイメージを持つかもしれないが、依頼者からは今後の人生を左右するような切実な願いを託されており、失敗が許されない仕事をしているのだ。実はみんなが思っている以上に、どうしても探偵の助けが必要な状況に陥ってしまった人間ってのは、たくさん居る。探偵はそういう困っている人達の味方だ。何よりも、僕の掴んだ証拠で人生が好転していった依頼者は多い。

そしてこのブログは調査の集客が目的ではない。ネットで見かける探偵のブログや記事なんかは、ほとんどが自社の宣伝目的か、どこかしらのサイトへ誘導するアフィリエイトで溢れかえっている。まぁどこも嘘ばかり書いてあるし、実にうさんくさいし商業的で人間味がない。

自分で言うのもなんですが僕はそこそこ売れっ子で、Twitterでも数千人のフォロワーさんがいて、仕事の依頼は常に複数抱えている。なので、このブログは完全に僕個人の趣味で超自由に書いていく。よくある広告とかも見にくくなるから一切張らない。

このブログを通じて、探偵がみんなにとってより身近な存在になってくれたら嬉しい。探偵業界のイメージ向上ってやつだ。単純に探偵という仕事に興味がある人はもちろん、浮気をされた人・浮気をしてる人、これから探偵になりたいなんていう人にもオススメだ。

それと恋愛工学プレイヤーやナンパ師、モテる人達は、絶対に僕の探偵対策術が役に立つ。今まで何人もの 恋愛強者 の浮気の証拠映像を撮ってきた。調査知識の無い彼(彼女)らに対して僕は、多くの鉄槌を食らわせてきた張本人でもある。探偵はモテる人間の天敵のような存在ともいえるだろう。

匿名とはいえ、個人でここまで赤裸々に探偵としての情報発信を行なっているのは、業界でも僕だけだ。それ相応のリスクを背負う覚悟と自信の表れなのだよワトソン君。

よろしくどうぞ。
Twitter⇒探偵小沢