絶対に笑ってはいけない名探偵

テレビドラマなどでよく見るように、依頼者は探偵のもとへと調査の相談にやってくる。その日の依頼者は、見るからに優しそうな40代の中年男性だった。どこにでもいるような平凡なサラリーマンの方だ。深いため息をついた後に、こう言った。

 

「…妻が浮気をしているのが発覚しました…」

 

相談室に入ってきてからずっと小刻みに震えている。動揺している様子が見て取れた。顔色も悪く、よく見ると目の下にクマが見えた。よほど奥さんの浮気がショックだったのだろう。いたたまれない。

 

探偵のもとにやってくる依頼者は多種多様だ。

有利な離婚の為に、明確な依頼の意思を持ってやってくる人。自身が置かれた状況に混乱して、助けを求めにくる人。単に探偵への興味があるだけの、ひやかしの様な人。依頼をするかどうかを迷み、背中を押してくれるのを待っている人。

そして、今回の依頼者の様な人…

 

 

「そうなんですね。それはお気の毒です」

「はい…夫婦生活20年、私は妻や子供達を何よりも大事にしてきました。ずっと家族の為に一生懸命働いてきて…それなのに…こんなの…酷すぎます!!」

「奥さんが浮気してるのは、間違いないんですよね?」

「ええ…間違いないです…見てしまいましたから…」

「何か決定的な証拠を見たんですか?写真とか、LINEのやり取りだとか」

「はい、見ました。スマホに浮気相手の写真がたくさん入ってました…」

「なるほど。相手はどんな人だったんですか?」

「それがですね…実は私も知っている人物なんです…」

「なんと。共通のお知り合いだったんですか?」

「はい。妻は東方神起と付き合ってるんです」

 

 

????????????????????

 

 

は?

 

 

「…今、東方神起と付き合ってるとおっしゃいました??」

「はい。東方神起と付き合ってます」

「えっと、東方神起と付き合ってるんですか??」

「はい。東方神起と付き合ってます」

「東方神起と付き合ってるんで…す…ね??」

「はい。妻は東方神起と付き合ってます」

 

こいつヤベー奴だ!!!!!笑

 

そう言う彼の口調には一片の迷いもなく、真剣そのものだった。
【妻は東方神起と付き合ってます】というかなりのパワーワードを既に連呼しているにもかかわらず、彼の気迫はとどまる事を知らない。完全にキテる。いやもう難なら、東の方より神が降りてきている感すらあった。

 

「ちょっと待ってくださいよ、たしか東方神起ってグループ名じゃないですか?」

「じゃあヨンウンジェジュンです」

「よ、よんよじゅじぇん…?」

「ヨンウンジェジュンです」

「え、あ、ヨンウンジェジュン…ですか?メンバーの名前ですかね?その人が浮気相手?」

「そう。ヨンウンジェジュンです」

 

僕の横でカウンセラーである同僚の女の子が、軽く俯きながら笑いを堪えてプルプル震えている。つられて笑ってしまうのを必死に堪える。あぶない。ここでアウトになるわけにはいかない。っていうか今「じゃあ」って言ったよなこの人?「じゃあ」って何だよまじで。笑

 

「…なので妻を尾行して、浮気の証拠を掴んでくださぃ!!お願いしまあぁす!!」

声が若干裏返っている。やばい、やばすぎる…!!

だが僕もプロだ。なんとか笑いを噛み殺す。

 

「…状況はわかりまし…た…。ですが、調査をご依頼されるのは、もう少しよく考えてからにしませんか?」

「絶対に絶対に浮気してます!お金なら出しますからお願いします!」

「いやいやいやいや。ここはひとつ冷静になってですね…」

 

事件性が無いにも関わらず、ここまで明確に依頼者が調査を頼んできているのに、それをこっちが断ろうとするケースもなかなかないぞ?だって絶対あり得ないもん。調査無駄になっちゃうもん。あと奥さんにも悪いし。しかし僕が気を使って何度か再考を促すも、彼は鋼の意思を曲げようとしなかった。そして叫ぶのだ。

 

「私はもう妻を奪った東方神起が憎いんですよぉ!!だから調査をおお!!」

この人ちょっと泣いてる。しかもカウンセラーの子なんてもう横向いて完全に笑っちゃってるし。アウトだろまじで。っていうか東方神起が憎いの?グループ単位?ヨンウンジェジュンどこいった?笑

 

「わかりました!わかりましたよ!調査します!だから一旦このティッシュで顔ふきましょ…!」

 

こうして、とりあえず一日だけということで浮気調査を受けることになった。この調査の指示書には「浮気相手:ヨンウンジェジュン(東方神起)」と記載されており、とんでもない異彩を放っていた。風格のあるこの案件は、調査員の間でも一目置かれていた事は言うまでもあるまい。

 

 

 

後日、その案件の調査日。
僕自身は調査に参加せずに、部下に尾行を任せていた。夜の10時ごろ、その部下から電話が入る。

 

「どうだった?ヨンウンジェジュン現れた?」

「いやぁー現れずですねー、新大久保で主婦友達とみんなでサムギョプサル食べて帰宅っす」

「ですよね。調査お疲れ様でした。気を付けて帰ってね」

 

 

僕の心のどこかでは、ヨンウンジェジュンの登場を望んでいたのかもしれない。