探偵のゲーム実況

実は僕、ゲーム実況をやってます。

趣味がゲームなので、超個人的な自己満足でアップしてます。全く探偵の要素の無い動画ばかりですが、良ければご覧くださいませ。先に断っておきますけど、ゲームやってる時の僕はかなり狂人になってますので、そこそこ気持ち悪いですが、ご容赦くださいませ。

チャンネル登録をしてくれると、めっちゃくちゃ嬉しいです。

 

探偵の職務質問

職務質問。それは国家権力。

職務質問。それは国民的エンカウント。

おそらく普通の人が経験するであろう、一生分の職務質問を僕は既に受けている。いや、そんなもんじゃない、ゆうに100回は超えている。それは僕の見た目が怪しいとかそういう理由では決してない。そこ、不審者っぽいとか言うな。

張り込みをしていると場合によっては長時間同じ場所にとどまることになる。すると不審に思って警察に通報する人がいる。見慣れない男が数時間も同じ場所に居たら、そりゃ今のご時世そう思うのは至極当然だ。

張り込み現場は「周辺の警戒度」というものが存在する。これは対象者を追っている時に抱かれる探偵に対しての警戒度とは異なり、近隣住民による不審者に対しての警戒度を指す。もうさんざん経験しているせいか、警察に通報されたであろう瞬間というのは、なんとなくわかる。

 

警察「こんばんわー」

小沢「こんばんわ」(挨拶しながら免許証を差し出す)

警察「あ、もしかしてお仕事?」

小沢「そうなんですよ。やっぱ通報入っちゃいましたかね?」

警察「うん。だってお兄さんもう4時間くらいずっといるでしょ?」

小沢「ええ。ちょっと手こずってまして…」

警察「どこの宅を張ってんの?」

小沢「それは言えませんね」

警察「だよね」

小沢「どこの家から通報入りましたか?」

警察「それは言えないね」

小沢「ですよね」

警察「まぁ、上手いこと言っておくよ、あんま目立たないようにね」

小沢「はーい、ありがとうございます」

 

優しい警察の方だと大体はこんな感じのやり取りだ。エリアにもよるが警察の知り合いも結構増えた。「小沢くん、また君か」という様な、名探偵コナンや金田一少年の事件簿でよく警察の人間が言う様な台詞を実際に言われることもしばしばあるのだ。

とはいえ、探偵にとっては通報されるのはあまり喜ばしい事ではない。警察官の人間性にもよるが、やり取りをしている時はかなり目立ってしまうし、場合によっては移動を余儀なくされ、張り込み場所が潰されることもあるからだ。その為、通報はできるだけ避けなければならない。

小沢独自の通報防止テクニックは色々あるのだが、一番得意としているのは【ミーちゃんファインダー】である。やり方は簡単、まずは挨拶だ。張り込み現場周辺が民家であればピンポンを押すし、家の出入りで人を見かければ躊躇なく声をかける。そして名刺を渡すのだ。もちろん本物の探偵の名刺ではない、偽の名刺だ。そこにはこう書かれてある。

 

大手ペットショップ特約店 ペット探し本舗

 

そう、僕はペットを探してる業者なのだ。そして写真を見せながら「この猫を見かけませんでしたか?」と聞く。見かけるはずがない、だって長野の祖母の家の猫だし。それでまたこいつが可愛いんだわ。(ミーちゃん)

こういったテクニックを使って、安全な張り込み環境を確保するのも探偵の腕の見せ所なのである。意外と近所のおばあちゃんとかとも仲良くなったりできるからおすすめだ。

 

しかしよくよく考えてみると探偵になる以前も、僕は職務質問を受ける事が多かった。

道端を歩いていて、警官を見かけたら、目が合った瞬間に一瞬だけ「あ!やべ!」的な表情をして、さりげなくUターンをしながら軽く逃げようとすると、わりと高確率で「ちょっと君」と呼び止められて職務質問をされる。でも別に何もないわけで、その警官をニヤリと嘲笑いながら立ち去るという高尚な遊びを行っていたせいだ。ってかこの話書く必要あったか?

絶対に笑ってはいけない名探偵

テレビドラマなどでよく見るように、依頼者は探偵のもとへと調査の相談にやってくる。その日の依頼者は、見るからに優しそうな40代の中年男性だった。どこにでもいるような平凡なサラリーマンの方だ。深いため息をついた後に、こう言った。

 

「…妻が浮気をしているのが発覚しました…」

 

相談室に入ってきてからずっと小刻みに震えている。動揺している様子が見て取れた。顔色も悪く、よく見ると目の下にクマが見えた。よほど奥さんの浮気がショックだったのだろう。いたたまれない。

 

探偵のもとにやってくる依頼者は多種多様だ。

有利な離婚の為に、明確な依頼の意思を持ってやってくる人。自身が置かれた状況に混乱して、助けを求めにくる人。単に探偵への興味があるだけの、ひやかしの様な人。依頼をするかどうかを迷み、背中を押してくれるのを待っている人。

そして、今回の依頼者の様な人…

 

 

「そうなんですね。それはお気の毒です」

「はい…夫婦生活20年、私は妻や子供達を何よりも大事にしてきました。ずっと家族の為に一生懸命働いてきて…それなのに…こんなの…酷すぎます!!」

「奥さんが浮気してるのは、間違いないんですよね?」

「ええ…間違いないです…見てしまいましたから…」

「何か決定的な証拠を見たんですか?写真とか、LINEのやり取りだとか」

「はい、見ました。スマホに浮気相手の写真がたくさん入ってました…」

「なるほど。相手はどんな人だったんですか?」

「それがですね…実は私も知っている人物なんです…」

「なんと。共通のお知り合いだったんですか?」

「はい。妻は東方神起と付き合ってるんです」

 

 

????????????????????

 

 

は?

 

 

「…今、東方神起と付き合ってるとおっしゃいました??」

「はい。東方神起と付き合ってます」

「えっと、東方神起と付き合ってるんですか??」

「はい。東方神起と付き合ってます」

「東方神起と付き合ってるんで…す…ね??」

「はい。妻は東方神起と付き合ってます」

 

こいつヤベー奴だ!!!!!笑

 

そう言う彼の口調には一片の迷いもなく、真剣そのものだった。
【妻は東方神起と付き合ってます】というかなりのパワーワードを既に連呼しているにもかかわらず、彼の気迫はとどまる事を知らない。完全にキテる。いやもう難なら、東の方より神が降りてきている感すらあった。

 

「ちょっと待ってくださいよ、たしか東方神起ってグループ名じゃないですか?」

「じゃあヨンウンジェジュンです」

「よ、よんよじゅじぇん…?」

「ヨンウンジェジュンです」

「え、あ、ヨンウンジェジュン…ですか?メンバーの名前ですかね?その人が浮気相手?」

「そう。ヨンウンジェジュンです」

 

僕の横でカウンセラーである同僚の女の子が、軽く俯きながら笑いを堪えてプルプル震えている。つられて笑ってしまうのを必死に堪える。あぶない。ここでアウトになるわけにはいかない。っていうか今「じゃあ」って言ったよなこの人?「じゃあ」って何だよまじで。笑

 

「…なので妻を尾行して、浮気の証拠を掴んでくださぃ!!お願いしまあぁす!!」

声が若干裏返っている。やばい、やばすぎる…!!

だが僕もプロだ。なんとか笑いを噛み殺す。

 

「…状況はわかりまし…た…。ですが、調査をご依頼されるのは、もう少しよく考えてからにしませんか?」

「絶対に絶対に浮気してます!お金なら出しますからお願いします!」

「いやいやいやいや。ここはひとつ冷静になってですね…」

 

事件性が無いにも関わらず、ここまで明確に依頼者が調査を頼んできているのに、それをこっちが断ろうとするケースもなかなかないぞ?だって絶対あり得ないもん。調査無駄になっちゃうもん。あと奥さんにも悪いし。しかし僕が気を使って何度か再考を促すも、彼は鋼の意思を曲げようとしなかった。そして叫ぶのだ。

 

「私はもう妻を奪った東方神起が憎いんですよぉ!!だから調査をおお!!」

この人ちょっと泣いてる。しかもカウンセラーの子なんてもう横向いて完全に笑っちゃってるし。アウトだろまじで。っていうか東方神起が憎いの?グループ単位?ヨンウンジェジュンどこいった?笑

 

「わかりました!わかりましたよ!調査します!だから一旦このティッシュで顔ふきましょ…!」

 

こうして、とりあえず一日だけということで浮気調査を受けることになった。この調査の指示書には「浮気相手:ヨンウンジェジュン(東方神起)」と記載されており、とんでもない異彩を放っていた。風格のあるこの案件は、調査員の間でも一目置かれていた事は言うまでもあるまい。

 

 

 

後日、その案件の調査日。
僕自身は調査に参加せずに、部下に尾行を任せていた。夜の10時ごろ、その部下から電話が入る。

 

「どうだった?ヨンウンジェジュン現れた?」

「いやぁー現れずですねー、新大久保で主婦友達とみんなでサムギョプサル食べて帰宅っす」

「ですよね。調査お疲れ様でした。気を付けて帰ってね」

 

 

僕の心のどこかでは、ヨンウンジェジュンの登場を望んでいたのかもしれない。